Images

リンナイ 防熱板 側壁用・壁ビス止め不要タイプ RB-T40SG
リンナイ

リンナイ 防熱板 側壁用・壁ビス止め不要タイプ RB-T40SG

Details

管理番号 RB-T40SG
メーカー希望小売価格 ¥ 10,584 (税込)
販売価格 ¥ 10,584 (税込)

Add to cart options

Product Actions

在庫あり

※ご注文後、通常3~5営業日で発送いたします。

※現地での引取依頼には対応いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

※商品の取付を希望される場合は、東京ガスWebショップへお問合せください。
なお、取付には別途費用がかかります。

※ガス機器の設置には、別売の接続具が必要です。

※ガステーブル購入の場合、周囲の可燃性の壁との防火上必要な離隔が確保できないときは、別売の防熱板をお取付ください。

※購入にあたっては、各機器の商品の選び方を併せてご確認ください。

ご購入前に必ずご確認ください。ガス機器の取扱いについて) ご購入前に必ずご確認ください。ガス機器の取扱いについて)

Additional Information

関連商品

本商品はリンナイ製ガステーブル(ハイグレードタイプスタンダードタイプ)に対応しています。
コンロと側壁の距離が近い時に熱を遮断し、火災などの事故を防ぐものです。又油が飛散するのを防ぐことができます。
本商品はガステーブル本体へ設置する為、壁とコンロの距離が8mm以上あれば取付可能です。

材質:ステンレス
重量(kg):1.7
寸法(cm):高さ40.3×幅42×厚み1.52
※この防熱板は、リンナイ製ガステーブル専用(ガラストッププレート・パールクリスタルタイプ)ですが、一部対応していない商品もあります。ご使用のコンロの取扱説明書を必ずご確認のうえご注文をお願いいたします。

ガステーブルの設置にあたっては、設置場所を確認してください(周辺の防火措置)

図のように可燃性の壁(ステンレスやタイルを貼った可燃性の壁も含む)から離して、設置してください。

可燃性の壁から上記の距離がたもてない場合

壁面に防熱板を取り付けて設置してください。

・取り付けには多少の技術が必要となります。 ・防熱板本体は熱により変色する場合があります。 ・この防熱板はハッチガードと一緒に設置いただくことができません。

■取付方法

  • 1.防熱板を取り付ける側の固定ねじ(2個)を取り外します。

  • 2.バネ固定板に取付バネを取り付けます。(1)で器具本体から取り外した固定ねじでバネ固定板を器具本体に取り付けます。

  • 3.防熱板Aの表面をバーナー側に向け、穴部を下にしてトッププレート前面と防熱板A側面を合わせて防熱板Aを取付バネに差し込みます。

  • トッププレート側面の凸部2ヵ所が防熱板Aの穴部にはまっていることを確認してください。はまっていない場合は防熱板Aを前後にずらして凸部2ヵ所を穴部にはめ込んでください。取付バネが防熱板Aの穴部にはまり込んでいないことを確認してください。

  • 4.防熱板Bを取付ねじ2本で防熱板Aに固定します。防熱板側の穴部が固定ネジに対して小さくなっていますので、取り付けの際はプラスドライバーにて力を加えながら取付ねじをまわし固定してください。

  • 5.完成です。

【防熱板を取り外す場合】
手順を逆にしてください。防熱板Aを取り外す際は一方の取付バネを支店にして防熱板Aを回転させるように取り外してください。

壁との距離
コンロ本体のトッププレートの端から壁まで「8mm」以上あれば設置可能です。
■リンナイ製防熱板に関するQ&A
取付方法は商品に付属していますか?

取付方法が記載された用紙が同梱されています。

購入した際に同梱されているものは何ですか?

設置に必要なビスや両面テープなどの部品、取付方法が記載された用紙が同梱されています。

壁に穴をあけたくないのですが、立てかけて使用してもよいですか?

防熱板の重量は重いもので3.4kgあり、万が一地震が来たり、ぶつかったりした場合に落下すると非常に危険です。必ず同梱されている取付方法を守った上で設置をお願いします。

切断して使用する事はできますか?

販売しているものは安全性の試験を行った上で販売しております。切断してしまうと安全性の基準を守る事ができません。切断は絶対にしないようにお願いします。

側壁用の防熱板を天井に使用してもいいですか?

側壁用はビスを壁にとめ、そのビスに防熱板をひっかけて設置するタイプ、天井用は防熱板の上から直接壁にビス固定するタイプとなります。本来の設置箇所と異なる場所で使用することはできません。

側壁用防熱板(RB-55S)を購入したいのですが、壁との隙間が1.5cmほどしかありません。

側壁用防熱板(RB-55S)は厚みが1.9cmある為、2cm以上のスペースが無いと設置する事ができません。ガステーブルをお使いの場合は防熱板(側壁用・壁ビス止め不要タイプ)をご購入ください。

コンロと隣接する流し台の高さがコンロと同じ高さになるのですが、流し台用防熱板は必要ありますか?

コンロと作業台がフラットであれば、防熱板は必要ありません。作業台の方が高い場合は、燃える可能性があるので防熱板が必要となります。

防熱板とコンロの距離はどれくらい必要ですか?

防熱板は壁が焦げるのを防ぐものですので、コンロとの距離が近くても問題はありません。