東京ガスWebショップからのイチ押し情報 いまのガステーブルはココがすごい!! 最新のガステーブルは、お手入れがしやすく、安心・安全機能が充実しています。毎日つかうものだから、もっと簡単に、もっと安全に、本当によい商品をおすすめします。 東京ガスWebショップからのイチ押し情報 いまのガステーブルはココがすごい!! 最新のガステーブルは、お手入れがしやすく、安心・安全機能が充実しています。毎日つかうものだから、もっと簡単に、もっと安全に、本当によい商品をおすすめします。

 

簡単お手入れ
バーナー周りもグリルもお手入れラクラク
  • バーナー周り

    しる受け皿がないから、ごとくをはずしてトッププレートをさっと拭くだけ。

    煮こぼれシャットアウト
  • グリル

    水なしグリルだから、調理後の水が庫内や床にこぼれる心配がなくお手入れが簡単。

    水入れ不要だから水こぼれナシ!

 

充実した安心・安全機能
Siセンサーをすべてのバーナーに搭載
キッチンの安心をしっかりサポート
Si sensor

Siセンサー搭載
東京ガスWebショップで販売中のすべてのガステーブルは下記の3つの機能を搭載した「Siセンサーコンロ」です。

  • 調理油の過熱を防ぐ
    調理油の過熱を防ぐ

    調理油が自然発火する温度のずっと手間の約250℃で、センサーが自動で火加減を調節。
    さらに温度が上がった場合は、ガスをとめて油の自然発火を防ぎます。

  • 立ち消えを防ぐ
    立ち消えを防ぐ

    吹きこぼれや風のせいで知らない間に火が消えてしまっても、自動でガスがとまるので安心です。

  • 消し忘れを防ぐ
    消し忘れを防ぐ

    うっかり火を消し忘れても、コンロは約120分・グリル両面焼きは約15分・グリル片面焼きは約20〜30分で自動消火します。

※画像はイメージ
お気に入りのコンロを
お選びいただけます

東京ガスWebショップ
   ガステーブル商品ラインナップ

ガステーブルとは? open
  • ガステーブル
    ガステーブル

    調理台の上に置く(据え置き)タイプのコンロです。現在、ガステーブルをご使用の場合は、工事の必要はなくご自分で機器を交換することが可能です。ガスソフトコード(ゴム管)などの接続具は、長期間ご使用になられると経年劣化によりガス漏れの恐れがありますので、機器と一緒にご購入の上、取り替えることをおすすめします。

  • ビルトインコンロ
    ビルトインコンロ

    システムキッチンに組み込む(埋め込む)タイプのコンロです。ビルトインコンロは工事の必要があり、ご自分で機器を交換することができません。
    ビルトインコンロはこちら

※画像はイメージ close

ガステーブルには、トッププレートの幅が「標準幅(約60cm)タイプ」「コンパクト(56cm)タイプ」の2種類があります。キッチンの幅にあわせてお選びください。

  • 標準 約60cm
  • コンパクト 56cm
グランドシェフシリーズ 水無し両面焼きグリル
グランドシェフシリーズ 水無し両面焼きグリル
詳しくはこちら
グリル専用容器対応
グリル専用容器対応

別売のラ・クックを使えば、グリルで肉・魚料理以外にも幅広いオーブンメニューが楽しめます。
グリルのお手入れもラクラク。

ホーロトップ 水無し両面焼きグリル
ホーロトップ 水無し両面焼きグリル
詳しくはこちら
簡単に外して洗えるカバーリング
簡単に外して洗えるカバーリング

カバーリングが煮こぼれをしっかりカバーし、外して洗えるのでお手入れスムーズ。

スタンダードタイプ 水無し片面焼きグリル
スタンダードタイプ 水無し片面焼きグリル
詳しくはこちら
クリスタルコート
クリスタルコート

汚れが落ちやすく、傷つきにくいトッププレート。
ガラス質コーティングを施し、耐久性に優れたお掃除しやすい光沢感あるトッププレートです。

カフェリ 水無し片面焼きグリル
カフェリ 水無し片面焼きグリル
詳しくはこちら
カフェスタイルのカラーが
人気!
コンパクト 水無し片面焼きグリル
コンパクト 水無し片面焼きグリル
詳しくはこちら
シンプルなデザインが
魅力!
ガステーブルの選び方

ガステーブルを安全にお使いいただくために、以下の点をご購入前にご確認ください。

①ガスの種類を確認する
  • ガス機器は、安全にお使いいただくため、適応するガスの種類があらかじめ決められています。
    ガスの種類に合っていないガス機器をお使いになると、火災や不完全燃焼などを起こす場合があり危険です。
  • 本サイトで取扱のガス機器は、すべて都市ガス(12A・13A)対応の機器であり、プロパンガスには対応しておりません。
  • ご自宅のガスの種類が、都市ガス(12A・13A)であることを確認してください。

都市ガスとプロパンガス

②設置場所とコンロのサイズを確認する

「標準幅(約60cm)タイプ」と「コンパクト(約56cm)タイプ」の2タイプがあります。
設置する場所を採寸して、スペースに合ったものをお選びください。

③壁との離隔距離を確認する

周囲に可燃性の壁(木製の壁や棚、タイルやステンレスを貼った壁や棚など)のある場合は、トッププレートより上面の側面および後面は15cm以上、上部はトッププレート上面より100cm以上離して設置してください。
上記の距離がたもてない場合は、壁面に別売の指定の防熱板を取り付けてください。

 

防熱板はこちら

④強火力バーナーの位置を確認する

ガステーブルには、強火力バーナーと標準バーナーが1つずつ付いています。
強火力バーナーが壁側にならないタイプをお選びください。

⑤ガス栓の形状を確認する

ご自宅のガス栓の形状を確認し、合った接続具をガス機器と一緒にご購入下さい。
同じ接続具を長期間ご使用になられると経年劣化によりガス漏れの恐れがあります。

 

■ガステーブル・ガス炊飯器(エコノミータイプ)に必要な接続具

ガステーブルの接続方法についてはこちらをご参照ください。

接続具はこちら