お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol24 衣替えをしながら服の整理をするコツを教えて??お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol24 衣替えをしながら服の整理をするコツを教えて??

段々と日が長くなり、ゆっくりと春が近づいてくる気配を感じられるようになりました。
まだ厚手のコートが手放せませんが、そろそろ次のシーズンに向けての服も考え始める時期です。
お店にも春らしい服が沢山並ぶようになり、私も見るたびに買いたくなっちゃいます。
でも、そんなときに困るのが新しい服の収納場所。
気が付いたらクローゼットは服で溢れて何処へ仕舞ったか分からなくなったり、
似たような服を買ってしまったなんて失敗もしばしば…

そんな事にならないためにも、季節の変わり目ごとにクローゼットの整理をして、
服の見直しをしていくことが大切ですね。
そこで今回は、衣替えをしながら服を整理していくためのコツをお話しします!

衣替えのコツって
あるのかしら?

まずは、衣替えをする上で押さえておきたい3つのポイントから見ていきましょう!

① 衣替えのタイミング
冬服から夏服への切り替えのタイミングは、最高気温20℃を境に切り替わると言われています。そのため、衣替えに適した時期は、最高気温が20℃前後になる5月と10月頃というのが一般的です。
ですがこれはあくまでも目安。
冬から春に季節が変わる今の時期は、コートなどの厚手のアウターだけを奥にしまうなど、気候に合わせてこまめに衣替えを行うのもオススメです♪
季節の変わり目は気温の変化が激しいので、スカーフやストールなどの小物で適度に体温調節をしてくださいね。



② 収納する前には必ず衣類のお手入れを
次のシーズンまで着ないからといって、お手入れをせずにそのまま服を収納してしまうのはNG。一見汚れが無いように見えても、汗や皮脂汚れが残っていることがあるんです。汗や皮脂汚れは、放置すると酸化し、黄ばみとなって表れてしまうことも…
そんな事にならない為に、一度着た衣類は必ず洗ってから収納してくださいね。
衣類を洗ったら、風通しの良いところで十分に乾燥させて、カビも防ぎましょう!

③ 収納スペースの掃除も忘れずに
衣替えは収納スペースの環境を整える良いタイミングでもあるんです。
服を出し入れすることで、繊維クズやホコリが落ちるので、きちんと掃除をしてあげましょう。掃除をすることによってカビの発生を抑えることもできます。
湿気がたまるのを防ぐために、濡れた雑巾を使用しないことがポイントです。

衣替えのついでに
断捨離もできるの??

衣替えは、今持っている服の種類や数、状態を見直すチャンス!この機会に、不要な衣類は手放してスッキリさせましょう♪
この時の見極めポイントは4つ。

・サイズは合うか
・色あせやシミはないか
・ヨレや型崩れはないか
・今後も着たいと思うか


これらのポイントでチェックをして、違和感があればその服はもう手放したほうが良いというサイン。迷ったら鏡の前で実際に着てみることも大切です。
服の見直しをすることで、次にどんな服を買うべきかのヒントにもなりますよ。

服を収納するコツって
あるのかしら??

さあ、不要な衣類を仕分けたら、次はいよいよ収納!

まずは厚みのあるコートやアウター類。こちらはハンガーを使って収納するのがオススメです。
その時に注目してほしいのがハンガーの「幅」。服の肩幅にあったサイズ・厚みを選ぶと型崩れを防止できますよ。
クローゼットに仕舞う時は、用途別にグループ分けして仕舞うのが◎。仕事用・部屋着用・お出かけ用など、用途別に分ければ次の衣替えでも見つけやすくなります



続いて、畳んで収納する衣類について。
こちらは、タンスや収納ケースの大きさを意識した幅で袖を内側に折り込み、四角くなるように畳みましょう。収納するときは積み上げるのではなく、縦に並べることで、どこに何が入っているのか一目でわかるようになりますよ♪

帽子やマフラーなどの小物類洗濯ネットなどにまとめて入れると収納もしやすくてグッドです!

いかがでしたか?
季節の変わり目は衣替え&断捨離でクローゼットをスッキリさせて、次のシーズンに備えていきましょう!
ダウンジャケットなど、かさばって収納場所に困るものは宅配クリーニングの保管サービスを使ってみるのもオススメです。お手入れと保管をプロにお任せすれば、お気に入りの服もずっとキレイに着続けられるはず!

家事の宅配 カジタク 2018年度オリコン顧客満足度調査ハウスクリーニング コストパフォーマンス部門 第1位
KAJITAKU 家事の宅配

イオングループ「カジタク」
保管付き宅配クリーニングを
おトクに利用できる!

詳しくはこちら