お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol26 羽毛布団って家で洗えるのかしら??お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol26 羽毛布団って家で洗えるのかしら??

今年のGWは長かったですね!みなさんいかがお過ごしでしたか??
我が家は旅行にいったり、アウトドアを楽しんだり、10連休を思いっきり満喫できました♪
さて、連休が空けるとすっかり気温も高くなって、薄着で過ごす日も増えてきましたね。
そろそろ、衣類だけでなく寝具の衣替えも考える時期です。
でも、衣替えをする前に、まずは寝具も丸洗いしてリフレッシュしてから収納したいですよね。
そこで今回は、羽毛布団をおウチで洗う方法についてお話しします!

羽毛布団って
家で洗えるものなのかしら?

毎日使う羽毛布団。直接肌に触れるものだし、キレイに使い続けていたいですよね。
布団の洗濯というと、結構大がかりなイメージがありますが、おウチにある洗濯機でも簡単に洗うことができるんです。
ただし、洗濯の前にチェックしてほしい大事な項目が3つあるので、まずはそちらをご紹介していきますね。

① 羽毛布団の洗濯表示をチェック
羽毛布団には、素材によって家庭で洗える布団と、洗えない布団の2つのタイプがあります。まずは、お手持ちの羽毛布団が洗濯できるかどうかを洗濯表示タグで確認してみましょう。
羽毛布団の場合、注目してほしいのが「手洗いマーク」。この手洗いマークに×印しがついている場合は手洗い不可、つまり家庭の洗濯機では洗えない羽毛布団になるので注意してくださいね。

② 羽毛布団のサイズをチェック
次に、羽毛布団のサイズをチェック。洗濯機で羽毛布団を洗う場合は、布団が洗濯機に入ることが必須条件です。布団の大きさが洗濯機の7~8割くらいで収まるようならOKです。
目安としては、容量が7㎏以上のファミリーサイズの洗濯機なら、シングルサイズの掛け布団や、セミダブルサイズの肌掛け布団くらいまで洗うことができますよ。

③ 洗濯機のコースをチェック
最後は、羽毛布団を洗う洗濯機もチェックしましょう。
洗濯機は、布団洗いに対応しているタイプであれば、ドラム式・縦式どちらのタイプでも洗濯可能です♪
ただし、布団洗いに対応していない洗濯機を無理に使ってしまうと、故障の原因にもつながるので、洗濯機の説明書のチェックも忘れないでくださいね。

いかがですか?
羽毛布団を家で洗濯するときは、最初にこちらの3項目のチェックから始めましょう!

家で羽毛布団を洗うときの
手順を教えて??

洗濯前のチェックが終わったら、さっそく羽毛布団を洗っていきましょう!
洗濯は、以下の手順で進めてみてくださいね♪

① 表面のホコリ・汚れを落とす
まずは、羽毛布団をベランダで叩くなどして、軽くホコリや汚れを落としましょう。
ただし、このときに布団を強く叩くのはNG。強く叩いてしまうと、中綿や側生地を傷めてしまいます。軽く払ってあげる程度の強さに抑えてくださいね。
目立つ汚れがある場合には、おしゃれ着用の洗剤を400倍程度に希釈した洗剤液を使いましょう。こちらの洗浄液を柔らかいスポンジに染み込ませて、汚れた箇所に馴染ませておくと効果的に汚れを落とすことができるんです。
布団はとってもデリケートなものなので、洗濯機に投入するときもおしゃれ着用の洗剤を使うのがオススメですよ!

② いよいよ洗濯機へ♪
表面の汚れを落としたら、いよいよ洗濯機の出番です!
羽毛布団を洗濯機に入れる際は、生地が傷んだり破けたりしないように、洗濯ネットに入れてくださいね。このとき、布団は三つ折りにして、汚れが目立つ箇所を外側にすることがポイントです。あとは、洗濯機のスイッチをオンにして、洗い上がりまで待機するだけ!
布団が水に浮いてしまうときは、水が溜まり終わってから洗濯機を一旦停止して、布団を手で押し込むとスムーズに洗濯出来ますよ。

羽毛布団のお洗濯は以上2つの工程だけ!
わざわざコインランドリーへ布団を持ち込んだりしなくても、おウチの洗濯機で簡単に丸洗いすることができるんです◎。

布団をふんわり仕上げる
コツはあるのかしら?

さて、洗濯機で布団を洗い終わった後はしっかり干して完了です!
この干し方1つでも、乾いた時のふんわり感は違ってくるんですよ。
洗った後の布団をふんわり仕上げるコツは、干している途中に数回、羽毛を手で軽くほぐしてあげること
中で偏っている羽毛を手でほぐしたり、布団の端をもって軽く振ることで、乾燥した後も布団のふんわり感が損なわれません。
布団全体を軽くほぐしてあげるイメージでひと手間かけるだけで、仕上がりがよくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

いかがでしたか?
おウチの洗濯機で羽毛布団を洗ってキレイにしてあげることで、睡眠ももっと快適になりますね!

そうはいっても、家族全員分の布団を丸洗いするのはかなり時間がかかる上に体力もかなり必要です…。
そんな時はまとめて宅配クリーニングに出せば、自宅から出すだけ&使わない期間は保管もしてくれます!仕上がりだってフカフカです♪
今年はプロに布団のクリーニングをお任せしてみませんか?

KAJITAKU 家事の宅配

イオングループ「カジタク」
保管付き宅配クリーニングを
おトクに利用できる!

詳しくはこちら