お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol36 衣類の効率的な畳み方・しまい方のコツを教えて!お悩み解決!お掃除・収納アドバイス vol36 衣類の効率的な畳み方・しまい方のコツを教えて!

朝起きてカーテンを開けた時、だいぶ外が明るくなってきました。
まだまだ肌寒い天気は続きますが、もう春は目前ですね♪

さて、季節の変わり目が近づくと思い浮かぶのが衣替え。
衣替えをスムーズに行い、かつ来シーズンまで衣類をキレイに保つためには、
効率的な衣類の畳み方がポイントってご存知でしたか?
今回は、衣類の畳み方のお話。
あまり人から教わる機会のない、効率的な衣類の畳み方についてご紹介します!

衣替えの季節!
だけど衣類がタンスに
入りきらない…
どうしましょう…

季節の変わり目に行う衣替え。
来シーズンに着る衣類を取り出して、今シーズン来た衣類をしまおうと思ったら、タンスに衣類が入りきらない!…なんてご経験はありませんか?
特に冬物衣類は生地も厚く嵩張るため、収納が大変です。
そんな時、収納スペースの工夫はもちろん大切なのですが、衣類の畳み方を工夫することもとっても大切。
実は畳み方を工夫するだけでも、収納の効率はぐっとアップするんです。


だけど、衣類の畳み方を改めて教わる機会って中々ないですよね。
そこで!今回は衣替えの際に役立つ、効率的な衣類の畳み方をいくつかご紹介していきますので、こちらをぜひ参考にしてみてくださいね♪

冬物衣類の
効率的な畳み方を教えて!

それでは衣替えの収納の際に嵩張りがちな、冬物衣類の効率的な畳み方をご紹介していきます!

●ダウンジャケット
まずは厚みがあり、収納スペースも多く取られるダウンジャケットから。
最初にファスナーを上まで締め、背面を上にして広げます。
次に、袖とフードを内側に折り込んだら、首元から裾に向かってクルクルと巻いていきましょう。
タイツ・ストッキングを筒状にカットしたものを用意し、丸めたダウンジャケットを入れてあげれば、収納する際も省スペースで効率的
使用済みのタイツ・ストッキングも再利用できてエコにもなるのです◎


●ニット・セーター
お次はニット。こちらも最初は背面を上にして広げます。
次に、脇の縫い目を揃えましょう。こうすることでキレイに畳むことができるんです♪
縫い目を揃えたら、両腕を内側に折り込みます。この時に、袖が重ならないようにするとよりコンパクト◎
最後に、身ごろ部分を真ん中から折り返し、長方形になるよう形を整えれば完成です。
身ごろを折る際は、収納するタンスの大きさに合わせて折り返すようにしましょう!



●フード付きパーカー
フード付きのパーカーはフード部分の嵩が増すため、畳む際には工夫が必要。
少ない工程で畳んでいくことが、キレイに畳んで収納するためのキーになります♪
はじめに、ニット同様に背面を上にして広げて脇の縫い目を揃えます。
この時、ファスナーつきのパーカーの場合は上までファスナーを締めて広げましょう
次に、袖と肩を平行になるように畳み、両袖の上にフードを重ねます。
フードはしっかり広げてなるべく平らにします◎
最後に、身ごろ部分を真ん中から折り返したら完成です!
この畳み方だと横幅はありますが、シワを少なくして収納の際もタンスの嵩を取らずに済みますよ♪



効率的な冬物衣類の畳み方をマスターすれば、衣替えもサクサク進んじゃいますね!

衣類をしまう時に
気をつけたいポイントって
あるのかしら??

さて、ここまで衣類の畳み方についてお話してきましたが、次はしまう時のポイント。
次着る際に気持ちよく衣類を取り出すためには、しまい方にも工夫が必要です♪

●素材によって、ハンガー収納と畳み収納を使い分ける
衣類を収納する時は、素材によって収納方法を使い分けることが大切です。
シワになりやすいシャツや、プリーツスカートなどは畳んで収納するよりも、ハンガーで吊るして収納する方法が◎
逆に、ニット素材の衣類などはハンガーに吊すと重さで伸びてしまうため、畳んでの収納がグッドです。
素材によって収納方法を使い分ければ、よりキレイな状態で衣類を収納することができますよ。


●タンスにしまう時の順番にも注意
衣類をタンスにしまう時は、同じサイズになるように畳み、重ねて収納する方法がオススメです。
その際に大切なのが、衣類をしまう順番。重い衣類を最初に入れ、軽い衣類を上に重ねるように収納していきましょう。
重いものを上に重ねてしまうと、下の軽い衣類が潰されてシワができる原因になってしまいます。
また、タンスに衣類を詰め込んでしまうのもシワができる原因になります。
少し余裕を持たせてゆったり収納してあげましょう。

タンスから取り出した際に衣類がシワだらけに…!なんてことを避けるためにも、これらはしっかり守ることが大切です♪



収納方法も工夫しながら、衣類のキレイな状態をキープしていきましょう!

いかがでしたか?
普段なんとなく行っている衣類の畳み・収納ですが、実は工夫できるポイントが沢山あるんです♪

これから衣替えの季節。
冬物のダウンジャケットなど嵩張るアウターの保管はお家でなくプロにお任せするのもオススメです!

KAJITAKU 家事の宅配

イオングループ「カジタク」
保管付き衣類クリーニングを
おトクに利用できる!

詳しくはこちら